印鑑証明書とはある印鑑が実印として効力

車を手放す時、中古車の売買の際もどちらも印鑑証明が必要です。76-16-56

この印鑑証明というものに関して説明していきます。76-9-56

印鑑証明書とはある印鑑が実印として効力を持つという事実を裏付けるものです。76-1-56

この書類がない場合には使っている印鑑が実印で間違いないかどうかがわかりません。76-17-56

大金が動く商談になる自動車の売却なのでどうしても実印が必要ですが、その時に印鑑証明という書類が要るのです。76-18-56

印鑑証明書を実際に発行するためには、はじめに印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。76-10-56

書類に登録する印は実印と呼ばれ、唯一無二の印であることが条件です。76-8-56

この実印を準備して、最寄の市町村役場の受付に行けば印鑑登録の手続きができます。76-19-56

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードなるものが発行され、印鑑登録手続きをした印は実印ということになります。76-13-56

印鑑証明書を交付してもらうには、役所の受付へ出向き専用の書類に必要項目を埋めて、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。76-11-56

そして、自動交付機を使って印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。

印鑑証明には有効期限はないのです。

ですからどんなに前の印鑑証明であろうが証明書としての効力は続くのです。

ですが、車買い取りの時は、印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。

基本的には有効期限を気にする必要はないですが車買い取りの時は買取先が期限を決めているので買い取り予定の車があるのであれば、手放す前に持っておくことが望ましいです。

Copyright © 1996 www.tedxeonjuro.com All Rights Reserved.
76-15-56 76-6-56 76-5-56 76-4-56 76-3-56